Shrine MaidenでLive Paintします!

 

ソ-ワ-カ Live & Talk

 

2014年11月29日(土)17:00~20:00  料金:¥1000-(1Drink 込み)

 

新宿眼科画廊 地下スペース

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 03-5285-8822  info@gankagarou.com

 


[ソ-ワ-カ]

TETTA(菩薩としての舞踏)+平林幸壽・川上秀行(読経・声明・電子楽器)
 

・Live painting [シュライン・メイデン]
宮川あゆみ(巫女・絵馬絵師)+万美(書道家)+松岡友(オカルト絵師)

 

・Talk guest いわためぐみ(TH叢書/アトリエサード)
 

・DJ KEKKE(ワールドミュージックDJ/Truck Maker)
 


 

〔関連展示〕
2014年11月21日(金)~12月3日(水) 12:00~20:00(※最終日~17:00)
平林幸壽+ソ-ワ-カ展示
「無始・eternal・無終」 / スペースO

仏教・現代・美術ユニット ソ-ワ-カ(s-va-ha)のイベント「Live & Talk」では、過去にソ-ワ-カのライブパフォーマンスとして「3331アーツ千代田 GEISAI GALLERY」「黄金町スタジオ視聴室その2」で試みた菩薩に扮したTETTAの舞踏と平林幸壽・川上秀行の読経/声明と電子楽器からなる現代音楽~インダストリアルミュージック寄りのアプローチを新宿眼科画廊の地下スペースという空間で試みる。

トークはサブカルチャーアート、文芸からファインアートまで扱うTH叢書/アトリエサードの副編集長で自らも舞踏の経験があり伝統邦楽にも通じている、いわためぐみをゲストに向かえる。

Live paintingは巫女系ライブペインティングユニット シュライン・メイデン(shrine maiden)。

現役巫女でライプペインターとしてArahabaki主催・ターナー色彩株式会社協賛のLive paint DOJO 2014女子の部優勝者 宮川あゆみ、若手書家としてライブペインティングから様々な企業ロゴまで手がける万美。インドネシア、沖縄滞在を得て沖縄のシャーマン”ユタ”として目覚めつつありオカルトアーティストとして次のステップに向かいつつある松岡友の3人からなるユニット。

DJはインド~中近東~日本の民謡を取り込みながら現在進行形のCLUB MUSICとしてのワールドミュージックのトラックメイキングを手がけるDJのKEKKE。今年のWAR DUB JAPAN CUP 140BPM WARでは準決勝に勝ち進んだ実力の持ち主。

2014年11月29日(土)本来出会うはずのない仏教とパフォーマンスアート、神道とライブペインティング、民族音楽とCLUB MUSICが新宿眼科画廊の地下スペースで交錯する。

「神仏と前衛芸術とストリートカルチャーが出会う現場を体験せよ!」
 

●ソ-ワ-カ / s-va-ha

「仏教」と「現代美術」の直結を試みる「仏教・現代・美術」なユニットとして2012年に結成。 
メンバーは菩薩メイクを参加者に施すワークショップ三十三間堂プロジェクトや絵画・CG作品を制作する仏(ほとけ)の美術家TETTA、メディアアートを経由した感覚で仏教や漫画的表現を題材とし作品制作をする美術家 / 真言宗僧侶の川上秀行、現代美術と仏教の接点を平面・立体・文章表現で模索してきた美術家 / 真言宗僧侶の平林幸壽の三人。
ユニット名はサンスクリット語で”吉祥なれ”を意味するSvaha(スヴァーハー)の日本仏教での訛りである「ソワカ」からつけた。

 

 

ソ-ワ-カ / s-va-ha

Shrine Maiden